今すぐネット予約 街の優しいデンタルサロンへ。Cure[治療]からCare[予防]へ。Care&Cleaning 専門完全個室空間 SHINING SMILEY SALON。詳しくはこちらをClick!

診療内容の案内

M.I.できるだけ削らず、本来の治癒力を活かしたむし歯の治療

むし歯は今まで、なりかけたら進行するしかないものと考えられてきました。つまり、転んで怪我した時のようには、自然には治らないと考えられてきたのです。しかし、個々人に合わせた適切なリスク管理を行うことによって治癒する場合があること、そしてレントゲン写真で虫歯が確認される場合でも、完全に穴が開いておらず、物が挟まったりせず、冷温痛(冷たいものや熱いものが沁みる状態)がなければ虫歯の進行を(予防によって)止められる可能性があるということが分かってきました(歯科業界では既に常識になりつつあります)。

M.I.に基づく、むし歯治療とは?

■虫歯のなりやすさを調べる

歯を削らなくていいか、これ以上、進行の可能性が高いかどうかの判断が大変重要となります。むし歯のなりやすさ、進行の度合い、それは、

  • 習慣(甘い物が好き、飴やガムが好き、間食が多い等)
  • 歯の溝が深い
  • 並びが良くない
  • 咬み合わせが悪い

など、ひとりひとりの状況により異なります。

これらのカリエスリスクを知り、今は虫歯の治療をしなくてもよいがクリーニングの間隔をマメにする、加えてケアの内容を専門家と相談することが、自分の歯を将来に渡って残すために必要なことになります。

なるべくなら、今は不快な症状も何もでてないので自分の歯を削られたくない。なんとか予防によって虫歯の進行を止めたい。誰だってそう思うものです。人によって虫歯のなりやすさ、歯周病のなりやすさは異なるというのが、歯科業界では周知の事実なのです。

■カリエスリスクに合わせた処置内容の決定

カリエスリスクを測る指標としては、下記のような事柄が挙げられます。

  • だ液の質と量(細菌が生成する酸を中和する能力に関係します)
  • プラーク(歯垢)の酸産生変
  • 生活習慣(歯磨きをする場所や時間が限られている。1日1回位しか磨かない等)

当院では、う触診断機(ダイアグノデント)を用いた精密なカリエスリスク診断を行い、可能な限り予防で防ぐことができるむし歯を削らずに、残した上での治療を実施していきます。

なかには、削らざるを得ない状況もあることは事実ですが、このように細かな検査を行うことによって、皆さまが大切に授かった天然の歯を出来る限りお守りしていきたいと考えております。

歯とお口の健康を通じてひとりでも多くの笑顔に出会うために、誇りをもって診療に取り組んで参ります

この10年間、当院を暖かく受け入れ、かかりつけ医院としてご愛顧いただきました地域の皆さま方、院長とし非常に感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまのご支援があり、ここまで成長を遂げることができましたこと、いつも心に刻みながら診療を続けさせていただいております。いつも本当にありがとうございます。そしてこの間、私をずっと支えてくれていたスタッフの皆さん、私のわがままも随分と通すこともあり、ご迷惑をかけることも沢山あったにも関わらす、暖かく見守り、惜しみない努力と優しさを提供し続けてくれたこと、改めてお礼の気持ちを伝えたいと想います。本当にいつもありがとう。これからも、スタッフと共に、皆さまの笑顔に出会うための努力を重ねてまいります。